ホーム>コラム>アメリカ フォートローダーデールボートショー
コラム

アメリカ フォートローダーデールボートショー

2015年11月2日、アメリカフロリダ州で開催されたフォートローダーデールボートショーを視察しました。
市内6か所の会場を使い、世界30ヶ国から集められた1000隻が展示される世界最大のボートショーです。8ft~300ftのメガヨットの値段はなんと50億円。規模も値段も日本とは比べ物になりません。
 
 

20163510156.jpgまた、比べ物にならないといえばアメリカと日本の水辺環境の違いです。

フォートローダーデールは、アメリカのベニスと称され、河川や運河に囲まれた環境を見事に生活に取り入れており、家、ホテル、レストラン、水上タクシー、観光船乗り場など、とても上手に水際を利用しています。
一方、日本の代表的なウォーターフロントであるお台場には係留できる桟橋やレストランがほとんどありません。
水際にホテルが立っているにもかかわらず海からはアクセスできず、水際に立地していてもオーシャンビューなだけです。依然として漁業や物流・産業が優先され、プレジャーボートが係留できる桟橋やレストランさえないに等しい現況です。
フロリダのように水際の規制を緩和して人が憩えるようにしなければ、「海洋立国日本」なんて言うにはほど遠いように思います。
 
日本は5年後に東京オリンピックが開催されます。海外からクルーザーやヨットでオリンピックを観に来る観光客もいると思います。その観光客をどう迎えるのでしょうか。
アメリカ東海岸・西海岸、南ヨーロッパや北欧など、産業とプレジャーが共存共栄しているマリン先進国から学び、日本ももっと豊かに人が憩うことのできる水際空間にしていきたいものですね。
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.boatlicense.tokyo/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/16

Blog Categories

  • はじめての免許取得
ページ上部へ